Widgetized Sidebar

This panel is active and ready for you to add some widgets via the WP Admin

  • Home 総量規制と銀行系カードローンの申し込みについて

総量規制と銀行系カードローンの申し込みについて

カードローンのなかには、大きく分けると銀行系カードローンと貸金業者系カードローンのふたつがあります。銀行系というのは、銀行をはじめとする金融機関で、貸金業者系のほうは、消費者金融、信販会社、専門のカードローン会社などがあてはまります。実際のところ、このふたつを比べてみても、借り入れることができる金額や利率といったものにはあまり違いがない場合があり、どちらかといえば、会社による違いのほうが大きいかもしれません。
しかし、明確な違いがある部分として、総量規制と呼ばれる制度の適用を受けるかどうかということが挙げられます。この総量規制というのは、多重債務などの金融にからむ問題を防止するために、借りる人の年収の3分の1を超えるようなローンの申込みなどを禁止するという内容をいいます。これは貸金業法という法律によって定められていることですので、要は貸金業者系のカードローンであれば、ほとんどがこのような制限にかかってしまうということになります。
いっぽう、銀行系カードローンであれば、適用される法律は銀行法になりますので、こうした総量規制を避けて申込みをすることが可能になるというわけです。ただし、銀行系カードローンであっても、やはり申込みをした時点で、その人の年収などから返済能力を判断する審査は行われますので、審査の結果によっては、ことわられてしまうこともあります。特に、他社からの借入総額が年収からみて過大である場合や、過去に自己破産などをした場合は気をつけたほうがよいといえます。